症状・症例から性病を見極める「女性の場合」

特に女性はなかなか他人の体験を聞く機会の少ないのが性病です。
自分の症状はどんな病気の可能性があるのか知っておきましょう。

 

・おりものが増え、下腹部に痛みがある
クラミジア淋病の可能性があります。

 

・泡状の強い悪臭のするおりものが出る
膣トリコモナス症の可能性があります。

 

・ヨーグルト状のおりものが出る
カンジダの可能性があります。

 

・性器周辺に痛みやかゆみがある
膣トリコモナス症カンジダの可能性があります。

 

・太ももの付け根のリンパ節のはれ
梅毒性器ヘルペス軟性下疳の可能性があります。

 

・乳頭状もしくはニワトリのトサカ状のイボが性器・肛門周辺にできる(無痛)。
尖圭コンジローマの可能性があります。

 

・性器・肛門・手指・口唇などに痛みのないしこりやはれができる
梅毒の可能性があります。

 

・口腔・口唇・のどにできものができる
梅毒性器ヘルペス尖圭コンジローマの可能性があります。

 

・全身にピンクで円形のあざ、または赤茶色のもりあがったブツブツができる
梅毒の可能性があります。

 

・激しいかゆみのある赤いブツブツや、ミミズ腫れのような盛り上がりがある
疥癬の可能性があります。

 

・のどのはれや痛み、発熱がある
クラミジア淋病の可能性があります。

 

・性行為などの2〜4週間後にインフルエンザのような症状がでた(発熱、咽頭炎、倦怠感、筋肉痛)。
HIV感染症の可能性があります。

 

・発熱、全身の倦怠感、食欲不振、吐き気、尿の色が濃くなる
A型肝炎、B型肝炎C型肝炎の可能性があります。

 

・黄疸の症状がでる
A型肝炎、B型肝炎C型肝炎の可能性があります。

 

代表的な性病の症状ですので、当てはまる方は正式な検査を受けることをおすすめします。