女性が注意したい性病

クラミジア

女性は特に自覚症状が出にくい病気として知られています。
感染を知らずにパートナーに移してしまうことがよくあります。
キスだけで移ることもあるので注意が必要です。

 

カンジダ

もともと全ての人が保有している菌ですが、異常発生した状態を性病として扱います。
女性の場合は膣と外陰部、同時に症状が出ることが多いです。
かゆみやヨーグルト状のおりものが増えたりします。

 

膣トリコモナス感染症

放置すると不妊症や早産・流産の原因となる可能性もあります。
自覚症状のない人が20〜50%程度いるといわれています。

 

淋病

女性は特に自覚症状のない人が多いとされています。
咽頭に感染することもあり、知らずにフェラチオなどをして男性に移してしまうケースも多いです。

 

HIV(エイズウイルス)

自覚症状が分かりづらく、発症するまでに長い月日が経つために日本では感染する人が増えています。
死亡率は減っていますが一度発症してしまうと非常に危険です。
早期の検査によって発見することができれば、発症を抑える治療が可能です。

 

また女性の場合感染したまま妊娠したり出産、授乳することによって、
子どもへと感染させてしまうことがあります。
早期に検査を受け完治することと、妊娠時の妊婦健診は必ず受けるようにしましょう。