性病の予防方法

性病は感染してからでは遅いわけで、事前にしっかりと予防方法について知識として押さえておき、日々それを実践することが大切になります。

 

まず性病の予防方法として基本となるのは、パートナーを限定するということが挙げられます。

 

これは当たり前といえば当たり前なのですが、以前と比べて恋愛に対する敷居が著しくなった現代では、小学生の頃から誰かと付き合うという場合もあります。

 

性に対する考え方も軽いものとなり、不貞に対する考え方もゆるくなれば、パートナー以外とも広く肉体的な接触を図る機会もありますので、そこは自制心を持ってとめなければなりません。

 

またあらかじめ必要に応じてワクチンを接種しておくということも大切になります。

 

例えば国内では「A型肝炎ワクチン、B型肝炎ワクチン、HPVワクチン、子宮頸癌予防ワクチン」などがありますので、とりわけ女性の方は子宮頸癌予防ワクチンの接種は将来に向けて大切なことだといえます。

 

その他でも予防方法として意外と守れていないのはコンドームの装着です。

 

そういったわけか男性の中にはコンドームを面倒くさく感じたり、または妊娠や性病に関する知識の低さから装着しない場合もあるのですが、女性からすればそれは信じられない行為だといえますね。

 

女性の場合は将来子供を授かる大切な身体なのですから、それを若いうちから無用なリスクを背負わせることは非情とも言える行為であり、男性は厳に慎むと同時に女性もまた拒むということもしっかり行わなければいけません。