成人T細胞白血病とは?

ヒトT細胞白血病ウイルスの感染によって起こります。
感染経路に特色があり、性行為では男性から女性への感染のみになります。
他は母子感染で、幼少時に母乳によって感染した場合にのみ症状が出るといわれています。
(以前は輸血による感染もありましたが、現在では皆無です)
また発症する場合の多くが40歳以上であり(60歳〜70歳が最も多い)、非常に潜伏期間の長い感染症でもあります。
現在日本ではキャリア(持続感染者)は100万人程度であるといわれています。

 

成人T細胞白血病の症状

リンパ節のはれ、肝臓・脾臓のはれ、原因不明の皮疹などのほかに、
血液中のカルシウム値が上昇することにより、のどの渇き、意識障害、不整脈などの症状が表れます。

 

感染の経路

多くは幼少期の母乳によって母親から感染するといわれています。
ただし現在では妊婦健診によって予防が可能です。
また性行為による感染は精子中のHTLV-1が原因で女性へと感染します。
ただしこの場合症状が出ることは少ないです。

 

潜伏期間と検査の時期

母乳から母子感染してから30年〜70年の潜伏期間があります。
症状の出ない場合が多いため、症状が表れてからの検査が現実的です。

 

治療法

治療法は症状によって様々です。
何も治療せずに経過観察をする場合もあれば、抗がん剤による治療や骨髄移植が必要になることもあります。
ただし完全に治る確率は少ないです。

 

予防法

妊娠中の妊婦検診を受けることにより、人工乳での保育にするなどの予防をすることができます。
男性がキャリアの場合はコンドームによる予防が有効です。