トリコモナス感染症とは?

トリコモナスとは原虫の一種です。
肉眼では見分けられないトリコモナスが炎症を起こします。
トリコモナスには膣トリコモナス、腸トリコモナス、口腔トリコモナスがありますが、
生殖器に感染するのは膣トリコモナスのみになります。

 

トリコモナス感染症の症状

男性はほとんど症状が出ませんが、まれに尿道炎の症状が出ることがあります。
尿道からうみが出たり、排尿時に軽い痛みがあったりします。
女性の場合は膣の他に子宮頚管や膀胱、尿道へも感染することがあります。
外陰部や膣に強いかゆみや痛みを感じたり、臭いの強い泡状のおりものが増えたりします。
女性がトリコモナス感染症にかかると特に危険なのは、20〜50%の方に症状が出ないことがあるためです。
感染に気付かず放置してしまい、卵管まで炎症が進んでしまうと不妊症や早産・流産の原因となってしまうことがあります。

 

感染の経路

トリコモナス感染症は主に膣による性交渉によって感染します。
ただし原虫が感染源のため下着やタオル、便器や浴槽などでの感染の可能性もあります。

 

潜伏期間と検査の時期

感染から発症までの潜伏期間は約10日前後です。
感染の可能性のある日から2〜3日経っていれば検査することができますが、症状がない場合は検出できないこともあります。

 

治療法

約10日間ほど薬を服用することで治療します。
女性の場合は膣錠を使用することもあります。

 

予防法

コンドームによる予防が有効ですが、パートナーとともに治療することが必要です。