性病って?

性病とはおもに性行為によって感染する病気のことを指します。
最近では性感染症、STD(Sexually Transmitted Diseases)と呼ばれることの方が多いかもしれませんね。
以前は性病予防法という法律もあり、性病といえば風俗に関係する人の病気といったイメージがありました。
しかし1999年に感染症法ができ、今まで性病には含まれなかったクラミジアエイズなどを含めて性感染症(STD)と呼ばれるようになりました。
近年では自覚症状のない病気も多く、若年層も含めた感染の広がりが問題となっています。

 

昔からある性病に、さらにいくつかの病気を含めたものを総称したのが性感染症(STD)ということですね。
気付いていないだけで感染していることも多いので、しっかりと知識をつけ予防することが大切です。

 

性感染症の種類

性感染症には様々な種類があります。
激しい痛みや自覚症状があるものもあれば、クラミジアやエイズなど自覚症状の出にくいものもあります。
それぞれ対処法は違ってきますが、早いうちに発見することが最も大切です。
おかしいな?と思ったらすぐに検査を受けることを心がけましょう。
また性感染症に感染しづらい安全なセックスをすることも大事です。

 

一般の若年層での広がりについて

以前より初めてのセックスを経験する年齢が下がっています。
さらに複数の相手と性交渉を持つ人が増えています。
特に自覚症状のない性感染症の病気は知らないうちに感染していることがよくあります。
そのまま他の相手とセックスすることによってさらに大きな広がりとなってしまっています。