軟性下疳(なんせいげかん)とは?

軟性下疳菌が感染することにより、性器(男女とも)にコブができ、それが潰れると強い痛みを伴う潰瘍になります。
日本国内では少ない感染症ですが、東南アジアやアフリカ、南米地域に多い病気です。
最近ではアメリカでの感染者が増えています。
軟性下疳の症状が出ているとHIV(エイズウイルス)に感染しやすくなるとされ、注意喚起されている感染症です。

 

軟性下疳の症状

豆粒ていどのやわらかいコブが、男性は亀頭やカリの周辺など、女性は外陰部などにできます。
すぐに潰れて潰瘍になりますが、さわると強い痛みがあります。

 

また口腔への感染も指摘されています。
軟性下疳菌による小さい潰瘍が口の中にできます。

 

感染の経路

症状の出ている患部に接触することで感染します。
そのためあらゆる性行為によって感染します。

 

潜伏期間と検査の時期

感染から発症までは2日から1週間程度の潜伏期間があります。
症状があれば検査可能ですが、直接見て診断する必要があります。

 

治療法

1週間以内程度の薬の服用または筋肉注射によって治療します。
潰瘍の部分には軟膏を塗ります。

 

予防法

患部の接触により感染するためコンドームの使用も有効です。
ただし強い痛みがあるため、感染したまま性交渉する機会は少ないと思われます。