性器クラジミア感染症は最も感染する可能性が高い性病

クラミジアは正確には性器クラジミア感染症といい、国内では最も感染する可能性が高い性病といわれています。

 

一説では感染者数は100万人以上ともいわれているのですが、未成年の若い方でも10%程度は感染者がいますので、感染に気がつかない方も含めれば非常に大きな数になります。

 

この病気は身体の粘膜にクラミジアトラコマティスと呼ばれる原因菌が存在しており、男性の場合の感染部位は“咽頭、尿道”で女性は“膣内”となります。こうした粘膜部分には“精液、膣分泌液、唾液”などがありますので、粘膜同士の接触は避けなければなりません。

 

主に性交渉やオーラルセックスで感染する可能性が高く、そればかりではなくディープキスでも感染する場合が考えられますので、いずれも気楽にするものではありません。

 

具体的な症状としては、男性の場合は初期段階で尿道に違和感を感じて“膿が出る、排尿痛、かゆみ、発熱”などを伴います。この中では膿が病気の有無の判断がしやすいようにも思えますが、極少量で透明な場合もありますので自覚しにくいといえます。性病の検査のキットなどを利用する事で発覚する事もあるようです。

 

治療が遅れると男性の場合は“前立腺炎、副睾丸炎、肝炎、腎炎”などと状態が悪くなるケースもあります。

 

一方で女性の場合は初期症状として下腹部や膣周辺で違和感があり“おりものの増加、不正出血、下腹部の痛み、性交時の痛み”などがありますが、いずれもわずかな兆候なので自覚しない場合が多くあります。

 

病気の発見が遅れると女性の場合は“子宮頸管炎、子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎、肝周囲炎、卵巣炎、子宮外妊娠”などと想像以上に厄介な問題を引き起こすことになります。