コンドームの正しい使い方

性病に感染しないためにコンドームを使用することは非常に有用です。
ただし正しい使い方をしないと感染のリスクが高まることがあります。

 

まずどのタイミングでコンドームを装着していますか?
意外と多いのが”挿入する直前”にコンドームを付ける人です。
しかし男性器は勃起した段階で体液の分泌が始まっているのです。
射精前でも体液によって性病が感染することがあるのです。

 

コンドームは”勃起したら装着する”のが最も理想的です。
また皮がかぶっている場合は装着の前にしっかりと剥いておくことも大切です。
毛を巻き込まないように注意しましょう。
巻き込んだ毛はコンドームや皮膚を傷つける原因となってしまいます。

 

具体的な装着方法ですが、いくつか注意しておきたいことがあります。
まず袋を開ける際にはコンドーム自体に傷を付けないように気を付けましょう。
裏表も間違えないように!
コンドームの先端に精液だまりの突起がありますが、装着の際にはここをつまみ空気が入らないようにしましょう。
また、取り外すときには精液がこぼれないように根元から外しましょう。

 

オーラルセックス(フェラチオ)をするときもコンドームをすることは大事です。
口から感染する性病も多くあり、咽頭(のど)へと感染が広がることがあります。
射精しなくとも勃起した状態の男性器には体液が付いていることを理解しておきましょう。