血清液症とは?

精液に少量の血液が混じる症状のことを総称して血清液症と呼びます。
多くの場合、原因は前立腺炎だと考えられています。
また40歳以上の場合には前立腺がんが原因となっていることも考えられます。

 

血清液症の症状

男性の精液に少量の血液が混じります。
見た目にはピンク色になったり真っ赤になることがあります。
また、小さな赤黒い点々が混じることもあります。
生殖器に炎症や外傷がある時に症状が表れます。
(出血量は微量なので精子への悪影響は心配しなくてよいでしょう)

 

多くの場合前立腺炎が原因となっています。
この場合には、発熱、尿道の不快感、排尿・射精時の痛み、頻尿、下腹部の痛み、会陰部の痛み、尿道からのうみといった症状が表れることもあります。

 

感染の経路

原因が特定されないこともあるため感染なのか外傷なのか分からないこともあります。
前立腺炎の原因菌として多いのは、大腸菌、クラミジア、淋菌、ウレアプラズマ、マイコプラズマ、トリコモナスなどです。

 

潜伏期間と検査の時期

原因によって潜伏期間も様々です。
症状が出たら検査を受けるのがよいでしょう。
検査の結果、尿や前立腺分泌液に異常がない場合も多く、この場合は治療しなくても2〜3週間で治ることがほとんどです。

 

治療法

検査の結果により原因となる菌に対する抗生剤などで治療します。
(参考:性器クラミジア感染症 淋菌感染症