性器カンジダ症とは?

他の性感染症とは少し違って、カンジダ菌はもともと人の体内にある菌であるといわれています。
体調を崩したりすることによって様々な症状を引き起こします。
もちろん人から感染することがあります。
女性や包茎の男性に症状が出やすい傾向があります。

 

性器カンジダ症の症状

 

男性の場合
男性に症状が出ることは少ないですが、特に包茎の人は亀頭のかゆみやただれなどの症状が出やすいです。

 

女性の場合
外陰部や膣のかゆみ、ヨーグル状のおりもの、性器の炎症、性交時の痛みなどの症状が出ます。

 

男女ともに口腔に症状が出ることもあります。

 

感染の経路

もともと体内にある場合が多いですが、性行為によっても感染します。

 

潜伏期間と検査の時期

もともと体内にあるものが体調の崩れなどによって症状を引き起こします。
そのためいつでも検査は可能ですが、カンジダ菌が検出されただけでは問題ありません。
かゆみやおりものといった症状が出た場合「カンジダ症」と診断されます。

 

治療法

1〜2週間程度軟膏や膣剤を使用して治療します。
女性の場合膣洗浄を受けることもあります。

 

予防法

免疫力が低下することによって発症するケースが多いです。
ステロイド外用剤の濫用や抗生物質などによって引き起こされることもあります。
また、糖尿病、肥満、不衛生、多汗、免疫不全などが原因となる場合もあります。