疥癬とは?

ヒゼンダニ(疥癬虫)が感染することによって全身(首から下)に症状が出ます。
もともとは性感染から始まったとされていますが、現在ではその他の原因となることがほとんどです。
性交渉による感染は10%程度であるといわれています。
高齢者やその看護者にも多くみられる感染症です。
非常に感染率の高いのも特徴です。

 

疥癬の症状

首から下の全身に激しいかゆみをともなう赤いブツブツやしこりができます。
またミミズ腫れのように盛り上がった発疹が表れます。
これは「疥癬トンネル」と呼ばれ、トンネルの先端にはメスのヒゼンダニが潜んでいて、トンネルの内部は卵とフンがあります。

 

感染の経路

寝具や衣類の共有などからも感染します。
ヒゼンダニは体長0.2ミリから0.4ミリ前後で肉眼では確認できません。
性行為によって感染することもあります。

 

潜伏期間と検査の時期

発症まで1ヶ月程度の潜伏期間があります。
症状があれば検査可能ですが、実際に見て診察する必要があります。

 

治療法

軟膏やローションなどの塗布とともに、衣類や寝具への殺虫剤の使用も同時に行います。
1ヶ月程度の期間がかかります。

 

予防法

皮膚の接触でも感染するため予防が難しいです。
また潜伏期間が長いためパートナーと布団を共有している場合は、パートナー共々治療することが望ましいでしょう。