性器ヘルペスとは?

ヘルペスウイルスによって水泡のような症状が表れ、さらにそれが破れてただれたような状態になります。
痛みがあり、特に女性が初めて感染した場合は非常に強い痛みがあることが多いです。
一度感染してしまうとウイルスを死滅させることは難しくなります。
しかし治療によって症状を抑え、再発を抑えることもできます。
口唇や顔などにできるヘルペスは主に1型の口唇ヘルペスであり、下半身に症状の出るのは2型の性器ヘルペスです。

 

性器ヘルペスの症状

男性の場合、表面のかゆさやヒリヒリする感じがあります。
その後2〜10日くらいするとかゆみのある赤いぶつぶつや水ぶくれができます。
それが破れるとただれたような状態になります。
痛みとともに発熱することもあります。
また太もものリンパ節に腫れや痛みが出ます。
亀頭や陰茎外部、太ももや肛門周囲、直腸粘膜などに症状が表れます。

 

女性は外陰や膣の入り口、おしりなどに、水ぶくれやただれのような状態の症状が表れます。
強い痛みがあり排尿が困難な場合もあります。
発熱をともなうこともあります。
また太もものリンパ節に腫れや痛みが出ます。

 

感染の経路

性行為によって感染します(セックス、アナルセックス、オーラルセックス)。
症状が出ていない場合でも感染することがあります。

 

潜伏期間と検査の時期

感染から発症までは2〜10日前後かかります。
この期間であっても感染させることがあります。
症状が出ていれば検査可能です。

 

治療法

5〜10日間薬を服用し治療します。軽症の場合は軟膏の塗布でも治療できます。
重症の場合には入院し点滴治療する場合もあります。

 

予防法

コンドームの使用でも効果はありますが、接触のみでも感染するため完全には防げません。