伝染性単核球症とは?

ヘルペスウイルスの仲間のEBウイルスの感染で起こります。
キスによって感染することが多いため「キス病」などとも呼ばれたりします。
日本では2〜3歳までに70%が感染するために、多くの人が抗体を持っています。
小児期に感染した場合は症状が出ないまま抗体ができることがほとんどです。
また大人になって感染し発症した場合でもほとんどが数週間で自然に治ります。

 

伝染性単核球症の症状

倦怠感、発熱(38度以上)、のどの痛み、首のリンパ節のはれ、湿疹、肝臓や脾臓の拡大、肝機能異常などの症状があります。
発病しないこともあります。
通常は自然に治りますが、症状が6ヶ月以上も続く場合は重症化している可能性があるため注意が必要です。

 

感染の経路

唾液によってEBウイルスに感染します。
キスや飲み物の回し飲みなど口を経由して感染します。

 

潜伏期間と検査の時期

症状が出る場合は感染から約4〜6週間の潜伏期間があります。
症状が出てから検査するのがよいでしょう。

 

治療法

安静にしていれば4〜6週間程度で自然に治ります。
ただし肝臓・脾臓の触診や肝機能検査が必要な場合もあります。

 

予防法

唾液によって感染するため性交渉での予防は難しいといえます。
ただし成人のほとんどが感染経験者のため過度に心配する必要はないでしょう。