病院での性病検査ってどんな内容?

そもそも性病検査ってどんな検査をするのでしょうか?
病院などでは診察の上、血液、尿、おりもの、のどの粘膜などの検査を行います。
どういった目的があるのか詳しく見てみましょう。

 

・血液検査
性病検査では最もよく行われる検査です。
少量の血液を採取して、血液中の成分を調べます。
HIVクラミジア梅毒性器ヘルペスB型肝炎C型肝炎などが判別できます。

 

・尿検査
性病検査の場合、主に男性の検査で行われます。
尿を採取して成分を調べます。
クラミジア淋病などの判別ができます。

 

・おりものの検査
女性の検査で行われます。
膣の内側の粘膜部分から膣分泌液を採取して成分を調べます。
クラミジア淋病、膣炎、カンジダトリコモナスなどが判別できます。

 

・のどの粘膜の検査
のどの粘膜を採取して成分を調べます。
咽頭クラミジア咽頭淋病などが判別できます。
性器部に菌を持っている場合、咽頭部も感染している確率が高いといわれています。

 

病院や検査機関、性病の種類によっても検査内容が変わってきます。
組み合わせて検査する場合もあります。

 

性病検査キットで検査する時も同じように、血液、尿、おりもの、のどの粘膜によって検査します。
こちらも検査する項目によって違ってきます。
まとめていくつもの性病を調べるセットが人気のようです。