エイズについての正しい知識を持とう

エイズ(AIDS)とは、正確には後天性免疫不全症候群と呼ばれており、原因となるヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染して発症したことによる免疫不全症を起こしている状態のことを言います。

 

エイズと聞くだけで怖いような不治の病気のようなイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、まずは正しい知識を持つことが大切になります。

 

この病気でまずポイントとなるのは感染をしないという点で、皮膚上を伝う涙や唾液などの体液は問題ないのですが、“血液、精液、膣分泌液、母乳”などの体液は注意が必要となりますので、主に“性的感染、血液感染、母子感染”などに気をつける事になります。

 

逆に言えば上記以外では感染の危険はありませんので、肌に触れることやキスなどは問題ありません。ただし性交渉を原因としたエイズの場合は、他の性病も掛かっている可能性がありますので、その点はまた別の意味での注意が必要となります。

 

治療を受けなかった場合の症状としては、まず感染した初期段階では急性感染による風やインフルエンザと似たような症状がでるか症状がでて、およそ2〜4週間ほど続きます。

 

その後は症状が治まり無症候期を迎えるのですが、これは人により期間が大きく変わり、1年ほどですぐ発症する場合や5〜10年ほど無症候期を過ごす場合もあります。

 

その後に発病期を迎えると免疫力が低下しますので、エイズでというよりは免疫力低下による他の病気により死に至るということになります。